FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びフィデリオ 新国立劇場

今FMで27日のフィデリオを放送している
正直 陳腐なオペラ
ベートーベンの汚点
演奏もこんなものだっけ
ベルメートも随分ビブラートで音程ごまかしてるし
オケもここまで酷かったけ
終わった
ブラボーの声が虚しい
聴覚だけではとても耐えられない
舞台無しにオペラを聴くのには
よほどの演奏を要求することを知った
演出は当然見えないし
スポンサーサイト

NHKって何言ってるの?

高校野球の県大会決勝戦を生中継しながら、
字幕で大きく屋外での運動は避けてくださいって
高校野球は特別扱い?
子供たちの健康を無視して
視聴率を稼ぐようなやり方、公共放送としてどうなんだろう

フィデリオ 新国立劇場

5月27日 フィデリオ 新国立劇場
正直 フィデリオそのものに関心がない
なんだか突然お偉いさんがでてきて救われるって言うストーリーそのものが嫌い
音楽面でもベートーベンの悪い面の集合体くらいにしか思っていない
大体ベートーベンがオペラに向いているなんて全く思わない
ブラームスがオペラを書かなかったのは賢明
そんな感じで飯守先生最後の新国立劇場だからということで劇場に
演出についてはネットで予習済み
結果
演出がよい
どうせ「ワーグナー家」を後ろ盾にした素人に毛が生えたようなものだろうと勝手に思っていたが なかなか!
くだらないストーリーをオペラにするとこうなるんだと言わんばかりの面白い演出
チョット間延びしたがレオノーレ3番の序曲の挿入にもしっかりと意味を持たせて
崇高なベートーベンの精神を踏みにじったという意見もあるが そもそも現代に 今フィデリオがオペラとして成立するのかを考えて欲しい
それにしてもオケはなんとかならないものでしょうか
あまりにも下手すぎます
弦は深みもまとまりも無く 菅はミスに続くミス
飯守先生が可哀想
歌手は
ジャッキーノ それじゃ聞こえないよ 声を前に出さないと
マルツェリーナ 声 いいんじゃない コントロールもいいね ロングで伸ばすときに声が「開き過ぎる」かな
ロッコ ちょっと力不足
ドン ピッツァロ グールドがグイグイ出していたのでもう少し行っても良かったかな
レノノーレ(メルベート) ベートーベンのオペラであるのを忘れてしまう グールドと一緒に最初期のワーグナーのオペラ?みたい いつ聴いても安定してるね
フロレスタン(グールド) 一幕からご苦労様 出番の第一声から別世界 もうそこはグールドの世界 ちょっとしたミスはあったが気にしない 一幕は別なオペラ?
グールド、メルベートそして石橋栄実(マルツェリーネ)また聴いてみたい
合唱はいつも最高 世界一!
でした

国際ロボット展 2017年

DSC09980b1.jpg
DSC09971b1.jpg
DSC09966b1.jpg

今年の国際ロボット展も初日から多くの来場者でにぎわっていました

サービスロボットゾーンがいつもながらおもしろいかな

福祉関係の様々なロボット?や車関係のロボットなど引き付けられるロボットが並ぶ中
仏像?のロボットが異彩を放っていました

バーチャル体験をと声をかけていただきましたが
体験している人を見ているだけで酔いそうだったので
残念ながらパス

新国立劇場 ルチア 23日

前評判が高く大きな期待を持って
23日はまずまずというところかな
そんなに大騒ぎするようなものではない
第1部え?
この声量?
ルチアもエドガルドもこの程度
二重唱もテクニックは素晴らしいが
このキャパで物足りない
第2部第1幕
時間の経過とともに俄然良く
エンリーコもエドガルドもルチアも迫真に迫る演技
有名なゼクステット&コンチェルタントも
実に美しい
ただこのルチアは高音が苦手かな
第2部第2幕
冒頭のエドガルドとエンリーコの決闘を約束するやり取り
実にみごと
そして狂乱の場
会場全体が全神経を集中している中
ほぼ完璧なテクニックで、トリルの頭と最高音には若干の不安があるが、歌い切る
生首を槍に刺して持っている演出だが
本当だったら相当重いだろうに
グラスハーモニカがルチアと一緒の視界にはいり
現実の演奏者と演じているルチアが独特の雰囲気をつくりだす
メト以外の演奏ではフルートとの共演で聴いていたが
絶対にグラスハーモニカではなくてはいけないと確信
そしてエドガルドの最後の場面
涙を誘う
演出はこれまで新演出になると箱ひとつみたいなことが多い中
スコットランドのルチアを具象で見せてくれた
スコットランド海
オケはいつのも通りイマイチ
肝心のところでホルンがぽろりとか
(金管はアマチュアのトラ?)
ピッコロの出がビクビクだったり
いつも安定してる合唱は冒頭が残念
指揮者はよく振っていた
一ヶ所事故になりかけたが
乗り切った
ちょっと気になったのが照明
太陽が背面にあるのに
舞台右からライティングしたり
全体に不自然
日本人のソリストでは
アルトゥーロが秀逸
ライモンド役
何でいつも一本調子なのだろう
どの役をやって皆同じ
もう少し小さい劇場で
照明をちょっと変え
別なオケであれば
ほぼ完璧だったかも
しかしグラスハーモニカをふくめてこれまで水準のオペラをつくる
飯守さんの手腕に感謝
次のジークフリートに期待
そして読響が入る神々の黄昏に期待
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。