私の建築巡礼2 小山寺三重塔

小山寺02


山中に「毅然」と佇む三重塔を見る

この塔の存在を古書を購入して初めて知った

その文章を読み、出かけてみた

駐車場から寺に入り坂道を上り始まると
木々の間から塔が姿を現す

そしてすぐに塔の背面にたどり着く

1465年造営で、依頼者や棟梁の名前がはっきりしている三重塔である

一見してユニークなデザインに引付られる
すぐにわかるのは窓の菱格子だろう

そして細部を見ると当時流行していた禅宗の様式をあまり持たない
和様といってよい塔であることに気が付く

極めて限られたスタイルの中で、デザイナーがその個性を「上手く」発揮しているのも心地良い

明治24年に屋根が杮葺(こけらぶき)から銅葺に変わってしまったのはおしいが
全体のプロポーションも美しい
小山寺01
菱格子をはじめユニークなデザインだと思いませんか?

data
名称:小山寺三重塔(富谷観音)
造営年:1465
所在地:茨城県桜川市冨谷2190
総高:21.5m
その他:無料駐車場有



私の建築巡礼1 三井寺2

「心行くまで居てください」
との言葉に甘えたっぷりと勧学院客殿で過ごさせていただいた

そして次の光浄院までゆっくりと境内を進める
先ほどの金堂の脇に鐘楼があるのに気付く
これが有名な「三井の晩鐘」かと思っていると
「つけますよ」との声が
ついてみた
手加減がわからず
思いっきりついてしまった
鐘の音が境内中に響きわたってているのだろう

光浄院に着く
先ほどと同様、準備万端で迎えていただいた
勧学院とちがって外から客殿に入ることになるため
中門の具合などがよくわかる
光浄院客殿
勧学院客殿と室内の様子は異なり
この後の書院造上段の間に必ずと言ってよいほど見受けられる
帳台構えがつき
縁側に大きく張り出した2畳の上段が取り付く

上段に座って、池を配した庭をみるのは一興である

心行くまで拝見されていただき三井寺を後にする

私の建築巡礼1 三井寺1

2014年3月某日、京都駅から琵琶湖線で膳所、膳所で京阪石山坂本線に乗り換え
やがて三井寺駅に
地図を頼りにちょっと遠回りかもしれなかったが、運河?川?沿いに雰囲気のある道を
それまで降っていた雪も止み、春の日差しも見える中、三井寺に
傘を買うべきか迷ったが、買わずに、約束の1時まで境内を散策
仁王門を過ぎると正面に石段がそそり立つ
その石段に覆いかぶさるように
巨大ではあるが、どこか貴族的な金堂の屋根の妻側が立ちはだかる
石段を登り詰め、正面に回り込むと
その貴族的な特徴はさらに強調される
三井寺
三井寺の名前の由来となった今でも音を立てて沸き立つ井戸に立ち寄り、唐院に
このころから雪が強くなり、別世界をつくりだす
静粛な境内に、春の雪が降り積もる
聞こえるのは風の音と、雪に驚いたかの鳥の声
唐院の門内で「雪宿り」唐院
やがて約束の1時に近づいたので雪の中、歩みを進めると雪は止み、青空に
勧学院に入ると、御坊様がお待ちになっていた。
私のために、勧学院の建具を開け準備をしていてくださったとのこと
申し訳ないやら、ありがたいやら

一之間に着座すると
「当時の様子を味わってみませんか」
との声で、人工的な照明が消され、
庭側の障子が開かれる
そこには光信の襖絵の胡粉や金箔が優しく自然の光を受け止める別世界が広がる

中門のついた勧学院客殿は、次に述べる光浄院客殿とともに
必見の建築であると再認識する
勧学院客殿

東京駅

DSC02131_convert_20110727095115.jpg

東京駅の屋根ってこんな形だったんですね

(東京駅新幹線ホームから)

羽田空港国際線ターミナル

DSC007181.jpg

どこでしょう?

今日から、実際に国際線の運用が始まりました。

上の写真は、羽田の国際線ターミナルにできた、江戸の町?。

安っぽい、書割のセットのよう。

空港全体の建築デザインとは全く無関係に、唐突に。

日本のデザイン力って、この程度のもの?

1年前北京の空港で、あの中国でさえ、あれだけのデザインの空港ができるというのに・・・
(ここのところ中国にはきわめて不快)

国際空港って、その国の顔ですよね。

中央に建築構造体の赤い舞台?がデザインの要になっているようですが、
あまりにも陳腐で、写真を載せる気にも

ああいうのを好きな人もいるのでしょうが・・・

DSC00688b1.jpg
DSC007581.jpg

雰囲気はこんな感じ

2Fの到着ロビーと3Fの床のコントラストは綺麗

DSC007211.jpg
DSC00735b1.jpg

採光、照明はなかなかうまくいってるのではないでしょうか

自然光とライティングの調和が自然で美しい
プロフィール

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード