FC2ブログ

フレーニ 追悼

ミレッラ・フレーニが亡くなった

出会いはカルロス・クライバー指揮、ゼッフィレッリ演出スカラ座のボエームだった

ボエームときくと
当時生意気な自分にとって「幼稚な」オペラ
というものだった

がしかし

実際の
スカラ座の舞台は違っていた

「本物の」という言葉がぴったり
オペラとは

教えてくれた

その折
カルロス・クライバーに紹介してもらった

クライバーはとうに鬼籍に

それ以降

ウィーン国立歌劇場でマノンレスコー
(この折はシノーポリを、彼も今はいない)

パリ バスティーユオペラでアドリアーナルクブルール

メトでドン・カルロ

等々で

彼女の声に接してきた
彼女は期待を決して裏切らず

興味のなかったタイトルのオペラの美しさを教えてくれた

どんなに舞台が豪華だろうと
パリのアドリアーナルクブルールのようにどんなに簡素だろうと

彼女の演奏は関係ない

ほとんど第一声で
その演目に聞き手を引き入れた

ずいぶん前にもう生の声をオペラでは聞けないと知っていたが
彼女の逝去のしらせは
大きな喪失感をもたらす

これからのオペラは
演出の力を借りて辛うじて上演できる形に劣化していくだろう

今トップというソプラノはスカラ座でも初日の1公演しか歌わない いや歌えない

綺羅星のごとく
スーパースターのいた昔が懐かしい

辛うじてその時代を過ごせたことを幸せにおもう

フレーニ、ありがとう

オッフェンバック 天国と地獄

img547-11.jpg
IMG_43371.jpg
op1912011.jpg
上から1989年1月15日、終演後のオペラ座
プログラム
舞台

先日TVで今年のザルツブルク音楽祭での天国と地獄が放送された

ザルツブルク音楽祭とういのが意外だった

演出、コスチュームともすばらしい

1989年1月15日
旧オペラ座(当時はオペラ)ガルニエ劇場で
シャガールの天井画の下
このオペレッタを鑑賞した

すばらしい位置のボックス席での鑑賞だった

その時の舞台は昨日のごとく覚えている

とにかくカラフルで

さすがパリ!という演出だった
演出はは、序曲前から始まっており
どこかのちょっと前の王侯貴族の夫妻かと思われる人物たちの登場から始まっていた

日本で見た(1981年11月1日 二期会 日生劇場)ものも面白かったが
比ではなかった

有名なフレンチカンカンのハジケ具合も
断然パリの勝!

その後オペラ座はバスティーユに移動し
主に大き目なオペラはすべてバスティーユで行われることになった

どこかの市民会館を巨大化したような建物に昔はなじめなかった
(今は何とも思わないが)

ザルツブルク音楽祭の天国と地獄、ぜひごTVで覧あれ

写真下
バスティーユのプログラム
ホワイエ?1996年1月3日
フレーニのアドリアーナルクブルール カーテンコール 1994年1月3日
IMG_43351.jpg
img709b1.jpg
paris94010b1.jpg

ハーゲン クァルテット 水戸芸術館

IMG_3734b2.jpg

1989年4月29日
 N響メンバー
斎藤真知亜 vn
大林修子 vin
村山弘 va
藤森亮一 vc
で私のプログラミングで

ハイドン 皇帝
バルトーク 3番
シューベルト 死と乙女
でコンサートを開催してもらった

バルトークの3番が難関で
当日のリハーサルも
私がスコアを抱え
チェックする羽目に

でも本番は見事だった
昨晩そのDVDを久しぶりに聞いた

そして今日さっき
ハーゲンクァルテットの
ハイドン 皇帝
バルトーク 3番
シューベルト ロザムンデ
のコンサートに行ってきた

ハイドン 第一楽章ではファーストバイオリンの高音に馴染めず
というか技術的にこのバイオリニストはどうなんだろう

終楽章では休符の扱いで、高揚の流れが、何度も中断されてしまう
ハイドンて楽譜は簡単でも
手強い

バルトーク
これは手慣れた様子で
N響のメンバーの時とは異なり、
余裕で
これはこれで見事だが
私としては物足りない

整理し過ぎて
スリリングさや
土臭さに欠ける
もっと熱っぽい音楽のはず

最後はロザムンデでよかったのだろうか

バルトークの3番の後のロザムンデ
やたら軽く聴こえる
ここは死と乙女だろうと
30年前と同じくやっぱり思った

オペラもここのところ世界的に停滞、いや低滞してるが
弦楽四重奏も同じ

弦楽四重奏らしい充実した響を昔のように聴きたい

きら星の如く名弦楽四重奏団がひしめいていた時代が懐かしい

一言付け加えるが
水戸芸術館のスタッフの、
みんなに良い音楽を聴いてほしいという姿勢、行動は素晴らしい
今後もその姿勢、行動を貫いてほしい


以下iphone11で撮影
IMG_37271.jpg
寄り
IMG_37171.jpg
等倍
IMG_37191.jpg
広角
IMG_37311.jpg
広角

トゥーランドット 東京文化会館

DSC003581.jpg

7/14
大野さんが力を入れたのがよくわかります

ここまでのトゥーランドットの上演になるとは予想もできませんでした

まず、全く期待していなかった演出:
インドかどこだったかの井戸?をそっくり持ってきた舞台。

201907161.jpg


これがなかなか効果的
そしてその井戸に上から・・・

美しく、トゥーランドットらしい陰鬱な演出・舞台

演出で不満だったのは
・ピン、ポン、パンの動きに切れが足りない
・最終場のトゥーランドットがあまりにも西洋的に動き回りすぎ
の2点

最後のトゥーランドットの動作はありかなと

その前に上から降る血の色の花びら?がその最後を暗示させている

照明も美しい

ちょっと心配だったのは
少年合唱団の小さな子供が
階段でつまずかないか
・・・ちょっとひやひやした

演奏はトゥーランドット:テオリンがまず見事
ビブラートがきついという声もあるが
いいのでは

カラフ:イリンカイ
無難で安心して聴ける
指揮者か演出家の意図かわからないが
有名な「誰も寝てはならぬ」はあっさりと通り過ぎた
ここを楽しみにしていた人には物足りなかったかも

リュー:中村恵理は熱演。声もリューにぴったり
もう少し声が前に出ればと思わないことはなかったが

他のソリストもがっかりさせない

合唱:新国立、藤原etcは凄過ぎ
第1幕冒頭から全開
音の渦に飲み込まれる感じ

TOKYO FM少年合唱団も舞台を美しく引き立てた

オケ:バルセロナ交響楽団は可もなく不可もなく
ちょっと豊かな音には足りなかったが
耳障りなこともなく役目をきちんと果たしている

指揮:大野さんはその実力を十分に発揮できたのでは
ちょっとだけ注文を付けるとすれば
もう少し音楽が流れてもいいかなと
(2幕のピンポンパンは合わせが足りない)

全体的にこれは今年の必見の舞台
日本のオペラのレベルが毎年毎年向上している一つの見本

2014年新国立:パルジファル
2016年新国立:ローエングリン、ワルキューレ
2017年新国立:ジークフリート、神々の黄昏
そして
2019年東京文化、新国立etc.トゥーランドット
次の
2020年東京文化、新国立etc.のニュルンベルクのマイスタージンガーも期待
(2018年新国立のフィデリオ、2019年新国立の紫苑物語は演奏、演出は良かったと思うのですが、作品自体が・・・ので)

ヴェルディでも来日公演以外の日本の公演で快演を望みたい

これから新国立で上演が続けられます
おススメしたいところですが全席売り切れだそうです
sinkoku20191.jpg

バイオリニスト石沢さんコンサート予定

IMG_0206a-21.jpg

クラシックからジャズなど多様なジャンルで活躍している石沢美都さんの新元号になって初めてのコンサートです
5月18日、ジャズクラブ上野アリエスです
詳細は石沢さんホームページ
このブログをご覧になり予約される場合は一言伝えてください

YYSデザインオフィスでは、音楽家の皆様を応援しています!
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
YYSデザインオフィスのブログにようこそ
YYSデザインオフィスは完全会員制の企業ブランディングを進めるデザインオフィス会社です。(現在は新規会員募集は行っておりません)
YYSデザインオフィスからのお知らせや、様々な芸術・デザイン・環境に関する「よしなしごと」を記載しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード