スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンのバラード

久しぶりに
急に当日思い立って
ピアノのコンサートに

お付き合いのピアノコンサートをのぞくと
1995年6月のデ・ラローチャ以来
(この時もたまたま寄った当時の石丸電気の店員さんからチケットをいただいて行ったので
自分から主体的に行ったには入らないかもしれない)
この時はシューマンが素晴らしかった

なぜピアノを弾いているのにピアノのコンサートに行かないかというと
予想通りの演奏かそれ以下で「つまらないから」と
ホールによっては音がもじゃもじゃしてしまいCDで聴いたほうのが細部が美しく聞えるから

今回ちょっとショパンのバラードを弾く機会があるので
4曲のバラードがプログラムにのるということで
河村尚子さんのコンサートに出かけた

オールショパンのコンサートなので、女性ばっかりかなと思ってたら
私より年上のおじさん(私も十分におじさんだが)が一杯!

10年後にコンサートをひらいたら、お客さんのほとんどが天国に行ってしまうんでは・・・

え!若い人はショパンを聴かない?
ピアノのコンサート会場ってこんなにおじさんばっかりだったっけ

かんじんのコンサートは
知的なプログラミングに関心(ちょっと残念ながら彼女の先生のアイディアだそう)

ついでに、批判を覚悟で書くと
お客さんももう少しきれいな格好でコンサートに参加できないものだろうか
日常も非日常もみんな一緒じゃつまらないじゃん
(ヨーロッパもそうなんですよね)

河村さんもコンサートの途中の会話で
ここに来るのは初めてだとか、観光をしてみたいとか
「子守唄」を弾く前に子どもが生まれたたか、泣き止まないとか
必要でしょうか
ショパンの「子守唄」は子どもを寝かせるために、
決して書いたわけではないのだから

せっかくの演奏がなんかチープな印象に
残念

CDではポリーニが孫が生まれたなんて決していわないから「好き」
スポンサーサイト
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。