FC2ブログ

ドリア・パンフィーリ美術館

IMG_63161.jpg

昔はローマに行くとこの宮殿の前をよく通って共和国広場にでていたものだった
50代になりローマに行った折
ふらっとこの宮殿に入ってみた

rom0321.jpg

外の喧騒が嘘のような メインフロアーに続く階段室

rom0331.jpg

まもなくメインフロアー
美術館(といっても個人の邸宅)の入り口には誰もいない
ちょっとしてシュッとした女性がやってきて
「どうぞご自由に」

とりあえず、カラバッジョとブリューゲルの作品のかかっている場所を尋ね
宮殿に

絵画や彫刻もずばらしいが
主(あるじ)がそこから出てきそうな
宮殿のインテリアが
他のローマ中の宮殿同様実に見事

先ほどの女性が近づいてきて
この扉の先に
「現在の当主家族がお住まいです」
って

日本の美術館と違って
大量の絵画が
2段、3段と壁面いっぱいにかかっている部屋が多いので
大切な絵画を見落としてしまいそう


この美術館の目玉は2点のカラバッジョ

2103021.jpg
2013042.jpg

たった一人で宮殿のメインルームを独り占め
(現在は状況は異なっているとのこと-コロナで行くことも叶わないが・・・)

rom0561.jpg

外から宮殿を


ブリューゲル全集

IMG_63611.jpg
ルネサンスや印象派などの画家の全集を 手ごろな価格で出版しているTaschenから 昨年ブリューゲルの全集がでた
大判と今回紹介する小型の判の2種類
ずっとその間のサイズが出版されるのを待っていたのだか
出そうもないので小型のサイズを購入した
ボッシュの全集の折
小型のサイズを購入し
あまりの小ささに結局大判を再購入した経緯があったが
今回の小型判はボッシュより一回り大きいとのことで
小型判を購入した

結果は正解

大判はあまりにも重すぎてちょっと見たい時にも躊躇してしまうが
これならよい

ゴッホ全集の画像の色が実際の色味と異なっていてちょっと心配だったが色味も合格

しっかりした画家の全集がかなり手ごろな価格で購入できることはすばらしい

この全集にはドリア・パンフィーリ美術館(ローマ)の作品とオークションで話題となった作品は含まれていない


なお 芸術新潮のブリューゲル特集号もブリューゲルに全作品関しての稀有雑誌
全作品をわかりやすく もちろん日本語で紹介している
IMG_63151.jpg


含まれない作品
IMG_6318b1.jpg
2103011.jpg


プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
YYSデザインオフィスのブログにようこそ
YYSデザインオフィスは完全会員制の企業ブランディングを進めるデザインオフィス会社です。(現在は新規会員募集は行っておりません)
YYSデザインオフィスからのお知らせや、様々な芸術・デザイン・環境に関する「よしなしごと」を記載しています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード