絵画は平面芸術?立体芸術-フォートリエ展


fautrier2.jpg
今、東京ステーションギャラリーでジャン•フォートリエ展が開かれています

とても楽しみにしていた展覧会

高校時代、大原美術館で感動した画家の一人がフォートリエでした
作品は有名な人質の連作ではなく「雨」という作品
ちなみに他の感動した画家はジャクソン•ポロックとフォンタナ
ジャクソン•ポロックは、近代美術館の回顧展が見事でした
ところでこのフォートリエ、展覧会がありそうで、これまで日本ではまとまったかたちではありませんでした

その展覧会に行ってきました

初期の作品からアンフォルメの作品までフォートリエの作品に触れられます
もちろん指で触れるわけではありませんが、アクリルやガラスを通さずに多くの作品が手に取るように鑑賞できます

オススメは初期の作品で「イル•ド•フランスの風景」画面中央上部の赤い円とそのすぐ右に引かれたイエローの垂直のラインからこの風景を見ると凄さが心をとらえます
黒の時代の中から、no.39「花」これは説明無用でしょう
厚塗りの時代からは、no.58「無題」小さな作品ながら、「塗り」の美しきは秀逸
オブジェから「空のグラス」日本人の美意識の琴線にふれていませんか
そして晩年1959年に描かれ大原美術館所蔵の「雨」
やっぱり何十年経っても「雨」は美しい
圧倒的に美しい

写真で見ると、フォートリエもポロックもフォンタナも良さがおそらく絶対に伝わらなさそうです

ふと今回も思いました

絵画は本当は立体作品なのではないかと
実物のタッチといおうか質感といおうか
その辺が絵画が絵画たる所以ではないかと

追記
おそらくこのフォートリエ展のカタログも極めて重要な出版物だと思います
現在、日本でフォートリエについて書かれた唯一の書籍です
また、会場内で流されているフォートリエが実際に語るビデオも作品鑑賞には面白い手がかりとなりそうです

この展覧会を開いて下さった皆様にthanks a lot!
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード