スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の建築巡礼1 三井寺2

「心行くまで居てください」
との言葉に甘えたっぷりと勧学院客殿で過ごさせていただいた

そして次の光浄院までゆっくりと境内を進める
先ほどの金堂の脇に鐘楼があるのに気付く
これが有名な「三井の晩鐘」かと思っていると
「つけますよ」との声が
ついてみた
手加減がわからず
思いっきりついてしまった
鐘の音が境内中に響きわたってているのだろう

光浄院に着く
先ほどと同様、準備万端で迎えていただいた
勧学院とちがって外から客殿に入ることになるため
中門の具合などがよくわかる
光浄院客殿
勧学院客殿と室内の様子は異なり
この後の書院造上段の間に必ずと言ってよいほど見受けられる
帳台構えがつき
縁側に大きく張り出した2畳の上段が取り付く

上段に座って、池を配した庭をみるのは一興である

心行くまで拝見されていただき三井寺を後にする

検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。