2016-2017 オペラシーズン前半戦2 マリインスキー

マリインスキー オペラ エフゲニーオネーギン

エフゲニーオネーギンを観たいというより、ゲルギエフの指揮を聴きたかった

エフゲニーオネーギンそのものは、そんなもんでしょうという程度のストーリーであるが、実際に劇場で見ると、ローカル色も楽しめるなかなかのもの

今回の演出、舞台もリンゴが並ぶ場面意外はいい意味で保守的で美しい
リンゴの場面は期待が大きかったためか、ちょっとガッカリ
舞台上にびっしりではなく、カスカスに、ちょっと雑に配置されていて、思わず写真と違うじゃん!

このオペラではこの歌手陣がふさわしいのかな
とても自然

オケは新国立とは異なり、自己主張が美しい
特に弦はしっかりと、多少雑ぐらいに自己主張をしてくる
舞台と一体となって、チャイコフスキーの音を引き出していく

もちろんそのリーダーはゲルギエフ

記憶に間違いがなければ交響曲の4番と同時期に書かれたとは思えないほど、チャイコフスキーにしては弱い音楽ではあるけれども、
ゲルギエフの棒はその弱さを感じさせない程、適切に音を埋めていく
(新国立も専属オケがあればな)

行ってよかったマチネでした
プロフィール

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード