2016-2017オペラシーズン前半戦4ウィーン国立

ウィーン国立歌劇場 ワルキューレ

全くそつなく舞台も音楽も進んでいく
演出、舞台が古臭いことを除けば、素晴らしいワルキューレには違いない
もちろんオケがウィーン国立歌劇場管弦楽団だし
ソリストもその格に見合うソリストなのだから

でもしかし

ベームが振ったウィーン国立歌劇場はどこに行ってしまったのだろう
シノーポリが振ったウィーン国立歌劇場はどこへ行ってしまったのだろう

前回のウィーン国立歌劇場の来日公演でも思ったが
わざわざこんな高額なチケットを購入して行くまでのことがあるかなと考えてしまう
(主催者からすれば、今ホテル代も極端に高い中、この価格でも見合わないということになるのかもしれないけれど)

ウィーン国立歌劇場のワルキューレへの期待が高すぎたのだろうか

でも昔はそこに行けば必ず、「そうこれ」というウィーンの音があった

でも
ウィーンに行ってウィーン国立歌劇場を聴きに行くと、
よほど当たらなければ
「そうこれ」という上演に当たらないのだから

日常のウィーン国立歌劇場にちょっとだけプラスアルファの上演を持ってきていると思えばいいのかな

フィッシャーの指揮は凡庸

演出、舞台は先にも書いた通り古臭い

特にエンディングのプロジェクションマッピング?は大味で最低
新国立のエンディングの演出の方が格段に上

歌手は
最後は疲れてしまったが
ヴォータンのコニエチュニーが群を抜いていた
新国立ではまあまあだった、ラングも素晴らしい
とにかく他のソリストも見事
そこがプラスアルファかな

ナクソス島のアリアドネの空席が目立ったのは仕方ないにしても
ウィーン国立のワルキューレでこんなに空席があるとは
同じことを考えているオペラ好きも意外に多いのかも
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード