スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気持ちのいい」美術館

DSC008151.jpg

仕事の合間に五島美術館に行きました。

どうしても、源氏物語絵巻を全部まとめて観たかったからです。

ゆっくりと、「すぐそこ」で一面、一面を観る事ができました。

予想以上に、劣化が進んでいることを感じましたが、
そのすばらしさは例えようがありません。

今回五島美術館で感じたこと。

それは、「人」に対する心配りが行き届いているということ。

待っている間は、ソファーが用意され、
きわめて丁寧につくりこまれた、無料のパンフレットが配られ、
しかも、ソファーの前には、予習?すべき作品の写真があり・・・

ソファーでパンフレットと、作品の写真を見ていると、
待たされていることも忘れてしまいます。

長いこと、電車に乗り、駅から歩いてきた、
「俗」と「余分な疲れ」を
待っていることによって、取り除いてくれます。

はじめて、入場まで待ってよかったと感じました。

スタッフの対応も抜群でした。

公立や、旧国立の今でも、「おまえらに見せてやる」的な美術館も見習ってほしいものです。

ちなみに、購入した図録には、
図録に使用した全てのフォント名、
図録のそれぞれの用紙の種類、重さまでも明記されています。

こういうところにも、五島美術館のコンセプトが表れています。

本当に感心しました。

写真上■五島美術館庭園の紅葉
写真下■源氏物語絵巻図録より

DSC_68381.jpg


プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。