スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-17オペラシーズン前半戦1新国立

新国立 ワルキューレ
マリインスキー エフゲニーオネーギン
ウィーン国立 ナクソス島のアリアドネ
ウィーン国立 ワルキューレ

まず新国立ワルキューレ

ワルキューレの一部を除く歌手が圧倒的に素晴らしい

思わずここが日本?

舞台も演出もまだまだ観られる

飯守さんの音楽づくりもいい意味でワーグナー初心者にもわかりやすい、律儀な楽譜へのアプローチ

彼の棒でパルジファル、ローエングリンとワルキューレを観てきたが、納得の行く音楽づくり

おそらく彼のパルジファルでパルジファルが好きになったという、あるいは自分なりに理解できたという人もたくさんいるのでは

次回のジークフリートが楽しみ

今回のワルキューレで問題があるとすれば、2幕の演出。この演出では、大切な2幕がただただ長く感じてしまった来場者も多かったのでは

そこはウィーン国立ではうまく処理していた

もう一つはオーケストラ。

東フィルに問題があるというのではない。
専属オケでもないのに短時間で本場。
仕方ないと思うが、ワーグナーやリヒャルトシュトラウスは、歌手と同様にオケの役割は大きい。

管楽器の個人的な技術の問題はともかく、痩せて乾いた弦の響きはなんとかならない物だろうか

そして歌手とオケが一体となって恍惚の響きをつくれる舞台を!

でも絶対的に素晴らしい一夜

憤り

ハンディキャップを持つ方々を五体満足な人間が身勝手な理屈で殺傷する
憤りが収まらない
それでなくともハンディキャップを持ったご本人もそのご家族も生きることに懸命に懸命に毎日を過ごしてきた事を思うといたたまれない
ハンディキャップを好きで背負って生まれてくるものはいない
どうしてそういう方々が五体満足で過ごしている人間以上に幸せになってもらいたいとは考えないのだろうか
近ごろ表面上はマイノリティへの理解を示しているようなマスコミの報道がよく見られる。でも現実はマイノリティが強調されればされるほど逆に向かっているのではないか
今回の犯人のみが特殊な考えの持ち主とは思えない
現実の社会が今回の犯人を「生産」してはいないだろうか

ローエングリン

急遽思い立ってチケットを取り、先日新国立のローエングリンに行ってきました
もちろん主役を歌うフォークトとバイロイトと常連のラングを聞くため
ブルーレイではお馴染みのフォークトでしたが、実際の声もそのものでした
バイロイトのネズミの演出のローエングリンのフォークトと比較しても全く手抜きのないしっかりとしたそしてしなやかな美しい声で驚嘆しました
昔のヘンデンテナーとは全く違ったローエングリンですが、フォークトのローエングリンを聞くと納得してしまう
第3幕の自分の素性を高らかに歌うとことで若干の乱れはあったもののフォークトのローエングリンに立ち会えたと言う経験は一生モノ
来年バイエルン国立劇場来日公演でタンホイザーを歌うとのこと
これまた楽しみです
もう1人のお目当てのラングは演技はさすがのものと感じたものの若干声量が物足りなかったかな
しかしながら今回のような配役で、そして素晴らしい合唱で、日本で、これだけレベルの高いワーグナーを聞けるようになったことに感謝
新国立のレベル、年々アップしていますよね
ただ望むべきは若い人でもチケットが買えるようなシステムができるようになると良いのですが
自分も20代にオペラの素晴らしさを実際の舞台から教えてもらった1人です

東芝さんの対応

古いダイナブックがネットとの接続がうまくいかず昨晩だいぶ苦労してしまった。
結局うまくいかず今朝東芝に電話で問い合わせをしてみた。
ここのところどのメーカーに問い合わせをしても結局修理対応ですと短時間で言われてしまうことが多いのであまり期待もせずに問い合わせをしてみた。

結果は他にない実に見事な対応で、朝から気分の良い思いをした。

具体的にはまずこちらでどういう処置をしてうまくいかなかったかを的確に聞いてくださり、それをもとに即座に回答してくれた。
修復の仕方を導き出すのに5分もかからないかからなかったのではないかと思う。

こちらが昨日5時間も試行錯誤してもだめだったんですよと言うと、

「その5時間があったからこそ、私は簡単に対応の仕方を見つけることができたんです」

とひとこと付け加えてくれた。

この最後の一言が素晴らしい。

ダイナブックはなかなか壊れることもなく、故障することもなく、電話をすることはここ何年かもなかったのであるが、東芝の対応がこのように素晴らしいとは思ってもみなかった。

このようなスタッフがいれば東芝もまだまだ大丈夫!

きっとこれが故障しても次も東芝ダイナブックは購入する。

頑張れ東芝!

iPhone 6s

本日よりiPhone 6を使用し始めた

何よりも楽になったのは指紋認証によるロックの解除
iPhone 5sの昨日までは結構指紋認証ではロックが解除できないことが多かった
そのストレスが全くなくなった

もう一つ驚いた事は音声認識による入力が格段に向上している点である
もちろんこの文章も音声認識により入力している
まだ使用して6時間ぐらいではあるが、iPhone 6sの進歩がとても楽しい

また少し重くなったとのことであるが、全体の形状が大きく変化したためとても持ちやすい

画面が大きくなったことや気のせい黒色がよりはっきりしているようにも感じる

iPhoneの進化にはいつも驚かされるものがある
プロフィール

DesignDuke

Author:DesignDuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。